忍者ブログ

[PR]

2017年09月23日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

どうも西村です

2009年12月10日

初ぼやきです(笑)

第一回ということで今回は無難にHotto Mottoについて語ろうと思います。



キャッチフレーズは「幸福は、ご飯が炊かれる場所にある。」



らしい


が、働いている側からするとご飯が炊かれる場所=厨房に幸福なんぞまったくないのである。


この弁当屋はポジションが大まかに3つにわかれている。


レジ、ご飯注ぎ。弁当を組み立て、すべてのポジションに指令をだすサシ台。そして焼き場だ。


俺は焼き場。生姜焼きなどの炒め物をし、揚げ物を揚げ、フライパンなどの洗い物をすべて洗う。


つまり焼き場が回らないと店が回らないのだ。


混んでる時間はフライパン2つ(最大3つ)を同時に振い炒め物を炒め、そのすきにオーダー通りに揚げ物を油に投下投下投下。揚げ物の投下に時間がかかろうが炒め物が焦げるのは許されない。一回一回フライパン、トングを洗う時間がないのでともに7つほどあるストックを使い切ると一気に洗わなければならない。コゲがつくといけないので素早く、かつ丁寧に洗う。もちろん洗っている間にもオーダーはガンガン入ってくる。


こんなのの繰り返しだが活字で表すよりずっと壮絶な現場なのだ。


オーダーのすべてが家族分だったらマジ鬼畜。弁当は出ていかないわ客の待合室はやがて会話が無くなり有線の曲しか聞こえなくなくなり不穏な空気が流れ始める。


原因つくったのお前らだろばかちんと叫びたくなるが立場上グッとこらえる。



バイト入りたての時は俺のせいで店が回らずさんざん怒られた時期もあったが以下略で今や俺が焼き場でないと店が回らないほどになった。





そう、俺はHotto Mottoのエンジン。まじアツいぜ!





バイトをすると精神的にも社会的にも成長することができます。

少なくとも俺はこの1年でいろいろな刺激を受けることができたと思います。



つまり何が言いたいかって言うと、


























武内はバイトしろ





PR
 | HOME |